「もえプレス」スタッフが同人即売会(イベント)や同人ショップを写真や文章で紹介しています。---------- コミックマーケット(コミケ)は勿論、博麗神社例大祭やM3、サンシャインクリエイションやCOMIC1、COMIC CITYやJ.GARDENなど突撃取材しています。---------- 当ページのイベント・レポートは訪れたイベントやショップの全てを掲載してはいません。----------
初めての制作も安心!「もえCDプレス」
 

『ガタケット100』に行ってきました(2008年8月31日)

25周年&100回目となる新潟県で行われた「ガタケット100」に行って来ました。
普段は距離的にも、またガタケットのメイン媒体がCD/DVDメディアとは離れている部分もあるので行く事は無かったのですが、 今回は100回記念で初めて広告も入稿した経緯もあって、新潟まで遠征しました。

旅好きのスタッフ自身も新潟市内に行ったのは初めてでした。



1枚目の写真は朝7時半ぐらいの新潟駅北口です。前日まで雨が降っていたのですが、当日は晴天でした。

2枚目は駅の南口。「プラーカ」という建物が並んでいますが、その内の「プラーカ2」前がバス停です。
ここから臨時増発便が出ていました。ちなみに隣のバス停からは「新潟競馬場」行きの臨時バスが出ていました。

3枚目は会場の「新潟市産業振興センター」です。思ったより新潟駅から離れていました。
写真には写っていませんが、既に会場には開場待ちの列が並んでいましたよ。

     

4枚目の写真は会場前の設営とチラシ配布の様子です。
広さは東京で言えば「大田区産業会館Pio」の倍以上あったと思います。

5枚目の写真は会場出入り口付近で当日行われた「創作物の規制、単純所持規制反対署名活動」のブースです。
:【「児童買春・児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」の改定として、あるいは独自の立法として、実在の児童を被写体としないマンガ、アニメ、ゲームをはじめとする創作物を規制の対象としないこと】を目的にしています。

6枚目の写真はサークル入場時間ですね。4枚目の写真と比べると分かりますが、「祝ガタケット100」の垂れ幕が。
この後一般入場可能となった訳ですが、その前に行われたガタケット代表坂田氏の挨拶に感動しました。
100回を超すというのは並大抵の事ではありません。特にガタケットは地域に根付いているのが特色です。
スタッフやサークル、一般参加者は元より、やはり人の縁というのは大切だなぁと実感しました。


7枚目はお昼頃でしょうか、一般入場後の会場内の様子です。
館内はアニメソングや特撮ヒーローソングが流れていました。
12時には噂の「ゴッドシグマ」が流れ、やはり合いの手が!
一体感というか、ガタケットが愛されている感じが見受けられました。

8枚目は会場の外でのコスプレ撮影会の1コマ。お姉さんを除くVOCALOID勢揃い。
他にもハルヒやテニプリが多かったです。
あと、会場の入り口付近に出店があったのですが、名物「ポッポ焼き」はおいしかったので、ガタケットに行った際には是非!

9枚目の写真は「聖☆お兄さん」。本当にそっくりで、手にした「るるぶ」とか細かいです。
目線入れてみたんですが、いくら神や仏でも犯罪者みたいになってしまいますね(笑)。
(掲載写真はそれぞれのレイヤーに許諾済み)


10枚目の写真は歴代のガタケットカタログの表紙が展示されていたので、一番古い(25年前)のを写してきました。
絵柄が80年代していますね!表紙も1色刷りが普通の時代でした。

11枚目は会場の外で行われていた池田秀一さんと古谷徹さんのトークショー。
当日、アムロとシャアが館内放送に生で出てきたのは不思議な感じでした。
残念ながら、「創作物の規制、単純所持規制反対署名活動」を手伝っていたので、トークショーの内容は聞けませんでした(涙)。

最後の写真はガタケット代表坂田氏の挨拶で締め。本当にお疲れ様でした。
200回目まで現役で頑張って欲しいと思います。


『コミックマーケット74』に行ってきました(2008年8月15日〜8月17日)

開催前に脅迫行為などもあり、手荷物検査をせざるを得ない中での開催となりました。
今回もたくさんの人で、東館から西館に移動するだけで1時間近くかかった時もありました・・・汗

また1、2日目は例年通り蒸し暑い日となりましたが、
3日目はとても涼しく参加者には絶好の気温となったのではないでしょうか。


今回も挨拶回り時に頂いた物を一部紹介します。

また直接入稿でご来社される方のために弊社入り口の写真を撮りました。
新しく改装しましたので、こちらを目印にお越し下さい。


『M3-2008春』に行ってきました(2008年5月11日)

イベント開場が11時半だったにもかかわらず、スタッフが9時に会場に着いた時は、すでに行列が出来ていました。
今回は今までで最も会場の人口密度が高く、人、人、人で大盛況でした。
例大祭が近いためか、東方アレンジの新作は少なく、オリジナルの新作を発表しているサークル様が大半を占めてたように感じました。
それでは当日の様子を写真に収めましたので、ご紹介いたします!



1階の大展示ホールです。と言っても写真には半分も収まっていません。


2階の小展示ホールです。ここは、オリジナルの作品を出しているサークル様がほとんどでした。


会場外のポスターを撮ったものです。


挨拶回り時に頂いたCDの一部です。
crethage様 左上
春日森様 右上
りさのうたうたうたいまぁす様 下2作品 。
「COMIC1★2」に行ってきました(2008年4月27日)
COMIC1
昨年に続いて開催された「COMIC1」に行ってきましたが、今回は殆どのサークルさんが見ない光景を1枚だけ撮ってきました。
「COMIC1」は当日搬入のイベントとしては現在のところ最も早い「朝の5時から8時(!)」までに搬入しなければなりません。
「もえCD/DVDプレス」自体が、ビッグサイトに近い場所にあるのが救いですね。
ちなみに「コミック・マーケット」も当日は結構早いのですが、これは印刷詰め所に行く為だけなので、搬入とは関係がありません。

昨年は西ホールだったのが、今回はスペースが増えたので東の2ホール分(写真の仕切りまで)を使っていました。
写真は6時ちょうどぐらいです。まだ10社ぐらいしか来ていなかったと思います。
実はこれ、チラシ配布に関しては(同じ配布枚数の場合)西ホールより東ホールの方が配りやすいんです。
西ホールは極端に言えばスペースが「Lの字配置」なので、東ホールの様に見渡せて直進出来る方が何かと楽だと思います。
(話は横道に逸れますが、「サンシャイン・クリエイション」は数人でチラシ配布を分担出来ない場合は数の割には大変です。
各階移動とホールによっては「Lの字配置」「ロの字配置」がありますので、配布忘れの危険性もあります。)

この数時間後にはどれだけ人がひしめくかと考えると、この閑散とした空間が不思議な感じに思えました。


『M3大阪』に行ってきました(2008年3月9日)

同人音楽即売会『M3』の10周年記念ということで今回は大阪を舞台にイベントが開かれました。

会場はとても綺麗で広く、お客さんもたくさん入り大賑わいでした。
通常のM3同様、試聴コーナーや上映会も御座いました。

挨拶回り時に頂いたもの(同人誌や同人ソフトなど)をちょこっと紹介いたします(写真)


高々とそびえ立つ今回の会場「グランキューブ大阪」


開場前の様子です。すでに行列が出来ています。


会場の様子です。相変わらずすごいお客さんの数です。


サークル「Apple*GingerAle」様より頂いた1stマキシシングルです。
まさに『春』と感じさせる楽曲が魅力的です。

今回は、初の大阪ということでしたが、普段のM3同様、
たくさんのサークルが参加し、たくさんのお客さんが入ったこともあり、
また開催して欲しいという声が多かった様です。

ご注文の流れデータ制作方法ご発注フォームよくあるご質問お問い合せ

(c)2005 MOEPRESS. All rights reserved.